Resonance

快復への道のり

なにひとつ

好きなヒトやモノが多過ぎて、

 

とは、結局、なにひとつ真剣には好きじゃないんじゃないか、という諦めにも似た思い。

広告を非表示にする