Resonance

快復への道のり

絶命する

もっと生きていたいと願いながら、自分になんら瑕疵なく、儚く亡くなるという生のまっとうの仕方がある一方で、働かざるもの食うべからずと疎まれて生きる者がある。

広告を非表示にする