Resonance

快復への道のり

17+17

1983年に生まれ、2000年の大半を17歳として過ごし、2017年にはもう17年分年を重ねて過ごしている。

 

17歳の夏、20歳までは生きていないんじゃないか、という妄想に囚われていた。甘美な世界だ。

 

ここひと月は、晴れなのか雨なのかの区別もない。

広告を非表示にする