Resonance

快復への道のり

井戸と洞窟

タイトルだけ付けて、思いを展開してみよう。頭をゆるっとさせるためにも。

 

井戸。地下水を汲み上げるために掘り抜かれた穴。昔であれば手掘りで、滑車につけた釣瓶を落としたりなどして汲むもの。

村上春樹がよく物語の中に登場させている。石を投げ込まれたり、枯れた中に潜り込まれたりしている。

 

洞窟。自然地形として形成されるもの。石灰岩が水による侵食を受けて削り抜かれることも多い。太古の人類が暮らし、絵画を残したりもしている。独自の閉鎖的な生態系を構築している場合もある。evalaさんが師匠に教えられたとっておきの場所に、洞窟があるそうだ。

 

井戸は、水を、あるいは他の地下資源を汲み上げる為に掘られる。

洞窟は、ただそこに在る。

広告を非表示にする