Resonance

快復への道のり

Trials and Errors

試行錯誤。

 

自己認識としては、2009年に始まったサラリーマンとしての生活が、先月限りで終わった。

いまは何者でもなく、一個人である。

 

サラリーマンには向いてもいなかったし、求められるものを供することもできていなかったし、得られるものも相対的には乏しかったのではないだろうか。ずいぶんと長い試行錯誤は、一旦区切った方がいい、というか、これ以上の猶予は、様々な面で残されていなかったのだろうと思う。

 

次は何にトライするんだろう、と煩悶し続けている間にも、時は流れてゆく。

広告を非表示にする