Resonance

快復への道のり

平面展開

ヒトの認知能力などたかが知れているから、グラフは2軸で描かれる。紙の上に描くことで表現してきたということも、2軸での表現を後押ししているだろう。

 

何軸あれば事足りるのかわからないし、計数可能なのかどうかもわからない。

だけれど、平面展開して表現しないと疎通も共有も成立しない。言語化する、というのも、似たようなものだ。

 

この文章がいったい何を言っているのか、僕にもわからないのだから、適当に読み飛ばしておいてほしい。

 

なにが言いたかったのか、いつの日かわかるかもしれない。

広告を非表示にする