Resonance

快復への道のり

欲張る

天気がよいと欲張りがち。

 

GoogleMap眺め見比べて、洗足池に足を向けることにした。学芸大学でも悪くはなかったのだけれど、陽を顔に受けながら歩きたくて。

 

今にも廃業しそうな古書店から、岩波のかなり古い版で、何かを買った。植民地時代にアフリカに渡った、ドイツ人の記録なのだと思う。

 

ICCで、ART+COM/Rhizomatiks Researchの展示を長いこと眺めて、いくら眺めても、仕組みがよく分からないことに感動を覚える。

 

ソウルのLeeumについで、光州のAACという現代アート中心の施設がオープンしていることを知る。いつか足を伸ばしてみたいものだ。光州ビエンナーレなら、次は来年。

 

ふと、クレマチスの丘に行きたいな、と思って訊いてみたけど、片道2時間を超えるドライブは妻のお気にめさないらしく、日帰りは断念。

まぁ、そんなことも、あるのだろうよ。

広告を非表示にする