Resonance

快復への道のり

Dysthymia親和型

具体的に書き残しておく、というのは、後々、とても貴重なものになったりする。たぶん、なる。

記憶なんてあやふやなものだから、ね。

 

また、ごく自然に過去について書こうとしているし、どうにも自責的な目線を投げかけずにいられないでもいるようだ。

いまを、これからを、生きろよ、な。

 

WIRED vol.27を、昨晩のDommuneトークが終わると同時にポチったら、もう届いてしまった。まだ、読まない。判型がやや横長になった気がする。

 

プリツカー賞が決まった。

CERNの地下で換装されるLHCの中継がFacebookで流れていた。

Ray Kunimotoさんの展示に行けないまま、会期が終わってしまった。

 

さて、明日は何をしよう。

 

広告を非表示にする