読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resonance

快復への道のり

無為自然

老子の思想はよく分からないけれど。

 

Natureの訳語に自然を充てたのはいつ頃なんだろう。いや、そんなのはどうでもいいというか、今は立ち昇ってきた疑問なんだけれど。

 

どうも今日の頭の中を漠と占めているのは、何の為に今があってこれからがあるんだろうな、という、やや虚無的な問い。

 

作為と無為が対を成すかというと、そうでもないようなのだけど、なにをやったところでなるようにしかならないのだから、やりたいようにやるのだ。投げ遣りな、自己肯定。

広告を非表示にする