読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resonance

快復への道のり

DOMMUNE

Twitterにも乱れ打ちtweetしたけど、昨日はevalaさんがゲストでトーク&LIVE。

 

23時までに眠る習慣づけをしているので、風呂に浸かりながらトークを聴き、ベッドに入ってLIVE聴いてた。evalaさんが音出してる22時以降はほとんど記憶ないけど、カナル式イヤホン突っ込んだまま眠りに就いてた。

 

トークセッション登壇者はevala×池上高志×塚田有那 +DOMMUNE主宰の宇川直宏で、とにかく怒涛な内容だった。池上高志さんが人工生命をテーマに据えた学者だということもあるけれど、とにかくトピックや概念的なものの幅が広くて、半ば置いていかれてた。

 

そこで語られてたのが、ヒトの知覚能力や処理能力を超える量の情報(Massive Data)を与えたら、どう受け取るのか、みたいな話だったりして、面白かった。視覚も聴覚も、常日頃から膨大な情報に晒されているなかから、選択的に拾い上げているんだよな。

 

知覚できないとされているはずの情報量を与えられても、例えば、映像のフレームレートをどんどん高めてヒトの限界とされる密度を超えても、ヒトはその違いを感じ取ることはできているらしい。

 

ほー。なんだか100kHzに繋がるような話だな、と思った。

 

文章化するのは苦手だ。

音の中で眠れた贅沢さを噛み締めて。

広告を非表示にする