読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resonance

快復への道のり

啓蒙的でないこと

同じテーマ、何度か書いてるかもしれないな。

 

人のために書こうとしないこと。変えられないもののひとつ、他人に対して啓蒙的に、示唆的に振舞わないこと。自分のために書くこと。

 

気づいてしまった、と言うべきか、若くして生活スタイルを変え、それを「自由になること」として出版しているような方々、高橋歩、イケダハヤト、高坂勝、は、皆、幼い顔して老成しているような相貌をしているように見える。

僕には彼らの顔が、少し怖い。何かが不安にさせる。

 

それが、自由な生き方に変えたことによるものなのか、そもそもの持ちうる何らかの共通要素なのか、分からないけれど。

広告を非表示にする