Resonance

快復への道のり

テキサイ

テキストサイト全盛期、という時代があってだな。

 

僕がダイヤルアップでインターネット接続を始めたのは、高2の夏、2000年の夏、だったんじゃないかな。

ISDNADSLと回線が変わっていく過程のどこかで、テキストサイト達に出会った。

 

「ナフ」というテキストサイトの「竹田」と名乗る人物が主宰していた、Doctor After Death、通称ドクデス、というテキストサイトの人達のDJイベントがあって、新宿パセラに行った記憶がある。

 

もはや名前も失念してしまったが、上智大学に通っていることと、実家が裕福なことが大層誇りらしい彼は、やたらと「十全」という言葉を使っていたけれど、影からこっそり見てた彼はなんだかコント芸人みたいに見えたものだ。

 

テキストサイト界隈はゴタゴタしていて、ゴシップネタが飛び交うような、でもまだmixiすら登場していなくて、という時代。

ゴタゴタは主に2ちゃんねるテキストサイトスレで起きていたようだけど、そちらはほとんど見ていなかった。

 

上智の彼は、彼なりのプライドの高さも相まって、同じくテキストサイトを運営している子とデートして、いかに楽しかったかをそれとなく書いてたりもしたけれど。

一方で、東京大学慶應大学に通うテキストサイトの管理人からは、名指しでないものの、明らかに分かる形で、それとなく当て擦られてて、なんだかなぁ、という心持ちだった。

なんというか、ひどく頭の切れる人や、大変な読書家で悟りきっていて、挙げ句の果てに名家で、なおかつオシャレ、という人たちがいたのだ。

 

上智の彼は、彼女と別れて、アリゾナ州へ留学へ行ったあたりまでは知っているのだが、彼自身が公開するのを辞めたのかどうだったか、その後を知らない。

 

竹田さんはどこでなにしてるんだろう。

広告を非表示にする