読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resonance

快復への道のり

いちぬけた。

「わたしは仕事はしない主義でね」

ブラックジャックが語るセリフ。

 

その割に法外な額を要求したりしているわけだけど、一方では全くの無報酬の手術も手掛ける。彼はつまり、金のためには働かない、と言っているのだ。

 

Mediumからの全くの受け売りになるのだけど、ライフワークと対比される言葉にライスワークというのがあるそうだ。本当だろうか。

言わんとすることは、つまり、食い扶持の為に働くのか、それとも、生涯の務めとして果たすか、ということ。

食べる為に働くのは、残念ながら現在の経済体制下では避けられないけれど、それで充分ですか、という問い。

 

学歴と年収が相関するから、高等教育は受けさせた方がいいよ、なんていう言説もあるけれど、果たして年収額が至上命題だろうか。

国家としての経済的な成長が、必ずしも個人の幸福に繋がらないことは、もう気付いているはずだ。多分ここから抜けられないのもまた東京的価値観の一端に囚われているということなんじゃないだろうか。それを嫌うのなら、よりよい生活を求めて、ライフワーク志向で、抜け出しても、いいんじゃないだろうか。

 

自覚的にか無自覚にかはさておき、既に抜け出している人は、たくさんいる。

 

いちぬけよう。

広告を非表示にする