Resonance

快復への道のり

人の集うところ

うーん。何から書こう。

 

東京都に住民票がある人口は、日本の総人口の1割を少し超えるほど。東京圏という括りでは、総人口の1/4が生活している。

一方で日本の総人口は明確に減少に転じたのだから、東京圏、都市圏の人口増はひとえに流入超過によるもの。

 

地方は衰退していくなかで、Uターン、Iターンを企図して移住を促している自治体もある。

 

地方移住のよさを説くweb上の言説もたくさんある。

 

で、なんだっけ。

 

集落の維持が限界を迎えようとしているところもかなりあるようで、そこで脈々と受け継がれてきたはずの民間伝承、習俗、祭祀は、喪われてしまうのだろうか。

新しい移住者たちがそれらまで継承してゆくのだろうか。

 

僕にできることは取り立ててないけれど、今の地方に訪れてみたいな。

広告を非表示にする