Resonance

快復への道のり

所在

責任、でもよかったんだけど、誰が負っているのか、について。

 

弊社の場合、業務上の監督責任は、管理職が負っている、ということになっている。原理原則が大好きな僕は、あくまでそうだと思っていたんだけど、どうも業務がうまく進捗しない時、謝罪が求められる時、是正が求められる時には現場担当者、つまり僕自身にその責が負わされているように感じることが多かった。

労務管理も管理職の職責であるはずなのだが、なぜこんなに残業が多いのかについては責められることはあっても、是正措置が取られるわけでもなく、減らせ、という指示を受けるだけだったように思う。

さて、責任の所在はどこにあって、管理職とは一体何を管理していたんだろうか。

 

現場に近い課長クラスにそれを求めるのが酷なら、更に上位の部長なり、副部長なりが是正に動くべきなのだろうが、どうにも、こと労務管理については、関心がないらしい。

もっぱら予算管理と人員管理ばかりしているのが部長職だったように思う。

 

さて、根本的な責任の所在は誰にあったのだろうな。

広告を非表示にする