読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resonance

快復への道のり

浅草寺

ぶらぶら。

 

演芸場でゆるりと過ごす、という命題のもと、妻とお出かけ。日本晴れである。

 

ドンドコ賑やかにやってるからなんだろうとおもったら、商店街の仮設の舞台で、下駄っぱーず、という学生団体が和の衣装で、陽光をさんさんと受けながら、下駄を踏み鳴らして舞い踊ってた。

 

すぐ脇の、ちいさなお店には、水晶やアメジストラピスラズリのかけらをちりばめた、白くまあるい器に植えられた多肉植物

いいなぁ、と思って眺めていたら、物凄く売り込まれてしまって怖気づいて、あくまでにこやかに出てきてしまった。

開運とか、気の流れとかは、特に興味ないのだ。ただ美しいものを愛でていたい。

 

これまた異国の人々で賑わう仲見世を抜けて、浅草寺。天井画が見事ね。

 

別腹探しに余念のない妻と、ゆっくり過ごしたい僕とで、あちらこちら歩いて、演芸場は立ち見が出ているというので、カフェで足休め。

 

まったり。

広告を非表示にする