読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resonance

快復への道のり

勉強とは

なんだろうね。

 

僕はたぶん、勉強というものを積極的にはしてこなかった。ノートの取り方もわからないし、一定した暗記法も持てなかった。

単語カードを作って満足したり、TOEICの為にテキストをひたすらこなしたりはしたけれど、あれは勉強だったのだろうか。

 

中学の時、なんの偶然だか、定期テストですべての教科で満点とかいうのを叩き出したことがあった。でも、点数の書かれた部分はみんなに倣って折って隠していたし、「満点の人がいました!」みたいに先生に言われてしまうと、名前を挙げられはしないか恐ろしかったものだ。

それでも、調子に乗っていたのだとは思う。

勉強しなくてもこれだけ点数とれるんだから、という、スポイルされた中学生。

 

高校数学は最初から好きにならず、なんならベクトルや行列や複素数なんて、理系クラスを選んだにもかかわらず、ほとんど理解できなかったし、勉強しようにも手をつけようがなかった。

センター入試の成績開示するまでもなく、自己採点で、全科目の中で圧倒的に最低点だったのも数学だったな。

 

いまとなってはもはや何をどう学ぶべきなのかもわからない。勉強よりは教養として学ぶべきなのだろうとは思う。

日本史だって世界史だって、ほとんど興味が持てなかったのだけれど、今はちょっと恥ずかしいと感じる程度に教養がない。

武将がどの戦いでどーたら、とか、全く面白くなかったんだけど、ね。少しずつ、興味が湧いてきたようだ。

 

ま、自分なりに、偏食しながらでも、学んでいこうかな。

広告を非表示にする