読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resonance

快復への道のり

鍵のかかった部屋@KAAT

横浜まで、会期末間近の「鍵のかかった部屋」へ。

ヴェネツィアビエンナーレの凱旋展示。

 

赤い紅い糸が張り巡らされ、よく軋むレトロな白いドア、吊るされた鍵。

 

張り巡らされ方の疎密が、宇宙の銀河団の大規模構造、密に銀河が集まっている領域と、泡のようにぽっかり空いたvoidと呼ばれるほとんどなんの天体も存在しない広大な空間かのように感じられた。

吊るされたいくつもの古びた鍵は、さしづめ文明が生まれた星々の所在地、だろうか。