読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resonance

快復への道のり

歩こう、話そう

晴れ間は午前中限りと聞いていたので、早々に多摩川浅間神社を目指した。

 

東急多摩川駅から徒歩ですぐ、多摩川を臨む、それ自体が富士塚のような、黒々とした溶岩が敷き詰められた、小高い境内。

 

残念ながら、多摩川の向こうに富士山を望むことはできなかったけれど、シン・ゴジラ作中でタバ作戦の指揮拠点となったのはここだな、と思える場所もみつけた。言わば、聖地巡礼

 

 

登ってくる時に植栽の手入れをされていた方が、木陰で休まれてたので、声を掛けてみると、一駅隣からわざわざ通って、神主さんの許しを得て、好きなように境内に花木を植えてるんだよ、とのこと。88歳のおじいちゃん。

 

話が弾んで、実はとても人脈が広く、色んな経験をお持ちの方だと教えてもらった。星新一長嶋茂雄と親交があった方なんて、そうそうはお会いできないだろう。

 

こんなに若い人に話しかけられることなんてないよ、と、いたく気に入っていただけたみたいで、田園調布の駅前にも植えてるんだ、とゆっくりな足取りで連れてってくれた。

様々な色合いのムクゲと、もうすぐ花開きそうなヒガンバナ、みんな植えたんだ、と。

 

駅前の静かな喫茶室で、珈琲までご馳走になって、色んな経験を話してもらった。

会社社会で成功するというのは、こういう方なんだなぁ、と、思うところは色々と。

 

これもなにかのご縁なんだろう。

歩くこと、話すことで得られることはたくさんある。

広告を非表示にする