Resonance

快復への道のり

はじまりの日

いつ、どんな形で転機が訪れるか、わかったものではない。

たぶん、知らぬ間に土壌は耕され、種は蒔かれ、水が与えられ、機が熟し、萌芽に至ったのだろう。


枯らさないように。ただいまは、それだけ。

広告を非表示にする