Resonance

快復への道のり

絶命する

もっと生きていたいと願いながら、自分になんら瑕疵なく、儚く亡くなるという生のまっとうの仕方がある一方で、働かざるもの食うべからずと疎まれて生きる者がある。

広告を非表示にする

三峯

眠れないので、朝一で車を借りて、秩父の奥の奥、晴れ上がった三峯神社に。

行きの途中から意識が割と飛んでるのだけど、なぜか安全に運転してしまう。120キロも出しているのだから、いっそ橋脚にでも突っ込んで、エアバッグが膨らむ間もなく絶命するべきなのだ。

つづらおりの山道を駆け上がって、いかにも関東らしい色鮮やかな木彫が彩る社殿を眺めあげたりして、ふらふらと帰る。

蕎麦は、うどんは、きっと美味いだろうな、と思いつつ、うまく店を見つけることができなくて、国道脇の広い駐車場を備えたセブンイレブンにしか車を停める。この店舗、前も伊香保からの帰りに車を停めた気がするな。

半睡で飲むアイスコーヒーは、兵庫からの歌声を届けていて、まとまらないメッセージをなげたりして、なんともなく家に帰り着いた。

 

それでもなお、やはりうまく眠れなかった。

広告を非表示にする

ハイジという生き方

もう、ずいぶんと失調しているので、本来の調子とはなんだったのか、わからなくなりつつある。失調しているのだから、これが僕の調子、ということでもあるのだが。

 

さて、灰色ハイジ

いつからこの人を知ってたんだっけ。太平洋をまたいだ遠距離結婚生活をこなすようになったのは、昨年から。それよりずっと前から知っているはずなのだけれど、どうにも分からない。

ある意味、僕の中で理想的な健やかさを備えたひとのひとり。パワフルではないにしても、タフだ。

 

彼我については、ついつい思い至ってしまうけど、気にすることはない。

 

さて、車を借りて、どこまで出掛けよう。

いつでも。

いま、と、これからしかない。

 

起きてしまったこと、には、解釈しか付け加えられない。

広告を非表示にする

優越コンプレックス

権威付けによって自らを取り繕う、見かけの価値を高めようとするのは、つまり大したことのない自分を埋めるための、虚飾に過ぎない、ということだそうだ。

はて、僕が本当にやりたいことってなんだろうな。

山深み

京都に思いを馳せている。

山と水のあるところ。

高木正勝が居を構え、evalaが生まれ育ち、名和晃平がスタジオを建て、という場所はなぜそうあるのか。

 

ま、そんな理由を探っても仕方ない。あるものはあるのだから。

 

東京に疲れていても、田舎に憧れるわけでなし。

 

高木正勝とAimerが公演するOKAZAKI LOOPSは、いよいよ明日明後日。たどり着くことは、ないだろうな、たぶん。

広告を非表示にする

つかえ

喉のつかえ。

えづいてしまいそうな異物感。

もちろんそこにはなにもないのだけれど、比喩ではなくて、つかえている感じがする。

 

あちこちの不調が次々に出てくるな。頭痛も起床から就寝までべったりと遷延しているし。

 

なんだかなぁ。

 

広告を非表示にする